震度5弱 いざ地震が起ってもあわてないために

今日、明け方地震で目が覚めた方多いのではないでしょうか。
自分がダメだなと思ったのは、結構な揺れを感じつつ、恐らく大丈夫だろうと起きなかった事。
朝起きて、自分のふてぶてしさを反省してしまいました。(笑)
震度5強と震度5弱って揺れが違うんですね。
今日の地震は物が落ちてきませんでした。

今日の地震は震源地が近い事も感じました。
遠くで起った地震は、まず遠くの方で『ごーーー』っていう、
振動というか音のようなものが聞こえて、何秒か後に揺れたりしますが、
今日の地震はまさに、その誤差のようなものを感じませんでした。
まさに自分のいるところの、下が揺れている感じです。

東京ですとか、太平洋側の地域に地震が起る確率。
しょっちゅう政府公認で情報が流れるのですが、
『恐らく、何十年か後以内に大きな地震が起るだろう』
という事は分かるのですが、詳細な情報ってないですよね。
天気予報も外れる事が結構ありますし、
完璧な予測は無理なのでしょう。

こうなると、自分で自分を守るしかありません。
『知っておく』事って防御になります。
どこかに非難しなくてはいけなくなったときに、
温かくなっても夜や寝ると体が寒くなるので、防寒具が重宝する。とか
非難経路、避難場所の連絡を家族で決めておく。
早朝、昼、夜でいる場所が違うので、
色々な状況に応じての、避難場所を決める。
少しの事が、自分や周りの人を守る事になります。

私が生まれてから、日本には何度も大きな震災や津波などあり、私は幸運にも遭遇した事がありません。
ですので、経験者より想像力が乏しいかもしれません。
以前、関西大震災を経験した方に、
『テレビが飛んでくるんだよ(当時ブラウン管)寝る場所にテレビは置いておかないように』
と、真剣な目で言われた事があります。
自分の常識では、考えられない事が起こるかもしれない。
やっぱり知識、その事に関して知っておく事と少しの緊張感って必要ですよね。

不安な気持ちばかりでもいられませんので、
冷静に今日も心を落ち着かせて。

↓こんな本あるんですね

被災ママ812人が作った子連れ防災手帖

中古価格
¥397から
(2014/5/5 15:04時点)

コメントを残す