皮膚の働きとは 皮膚は三面鏡 自分の生活が映し出されます

皮膚は三面鏡と言われています。

○環境の鏡
どのような生活サイクルか、睡眠はよくとっているか
適切な運動をしているか
睡眠不足は、くすみや目の下にクマを作ってしまいます

○内臓の鏡
バランスのよい食生活はとれているか
例えば、栄養の悪い食事をしているのであれば、
お肌に吹き出物が出来るかもしれません。
それが、顔に出るので怖いですよね

○心の鏡
心のストレスがあると、やはりハリのない皮膚になってしまいます。
表情が暗くなると、皮膚にも影響が出てきてしまいます。

人って顔じゃないんですけど、
第一印象って、顔とか雰囲気とか大きく影響しますよね。
見かけを綺麗にしておくのは、自分の為にも、人の為にも大切です

皮膚は、体の臓器ですので色々な役目があります。
見た目が美しいからよいとか、それだけではありません。
いつも私のために働いてくれている皮膚をもっと知ってみましょう

○保護作用
皮膚は私たちを、色んなものから守ってくれます。
有害物質、細菌などが体内に侵入するのを防ぎます。
皮膚にはメラニンがあり、紫外線をカットしてくれます。

○体温調節作用
暑ければ汗を出して皮膚の温度上昇をストップさせます
汗の分泌は1日600~700ml、暑い時、運動時には4L~10Lになる

○排泄作用
汗、皮脂などを外に出す役目もあります

○皮膚感覚
痛覚、触覚、温度覚など。皮膚は感覚を感じます

○吸収作用
脂肪、及び脂溶性物質の吸収を行います

○呼吸作用
わずかだが、皮膚呼吸をしている

○角化作用
ターンオーバーをして、常に新しい皮膚を作っています

皮膚って仕事が多いです。
体のバランスを崩すと直ぐに肌に出ますが、
納得しますよね。

さらに美しい肌とはこんな条件です

○うるおい

○なめらかさ

○はり

○だんりょく

○けっしょく

○つや

化粧品のキャッチフレーズのようですが、
私の場合、経験的に肌につやがあると『肌がきれい』と言われます。

肌につやを保たせるには、沢山化粧水をお肌に入れて
クリームで蓋をします。そして、クリームタイプのファンデーションをすると
たまーに『肌がきれい』と言われる事があります。

つやを保つためにも、お手入れは大事。
そして、こんなに働いてくれて皮膚よありがとう☆

コメントを残す